• 更新日

A:IRのPvP(地上戦)を紹介

今回では、A:IRのPvP(地上戦)を紹介についてまとめていこうと思います。

オリジナリティ溢れるクラスの紹介を前回にしてきましたが、それではAIRのPvPはどのようになっているのでしょうか?

AIRのバトルシステムは主に、上空戦と地上戦に分かれますが、今回では地上戦に焦点を当てています。
PvP好きな方は必見ですよ!

AIRは対人MMOといっても過言ではなく、対人コンテンツが非常に充実しています。

スケールの巨大な上空戦から、戦場が要塞に移り変わり白兵戦で決着!なんて想像すると、とてもワクワクしますね!

ここでは、A:IRのPvP(地上戦)を紹介について考察を含めてまとめていきます。

AIRのバトルシステム

バトルはノンターゲティングシステムを採用し、PSを重視した臨場感溢れるPvPを楽しむことができます。
最近のオンラインゲームではノンターゲティングシステムが主流になりつつありますが、AIRではそれをフルに活かしたバトルシステムになっています。
特に開発元であったBlueholeは「PUBG」や「TERA」を手掛け、ノンターゲティングに強いイメージがありますね。

ユーザはメイン武器と補助武器の2つのバトルスタイルを駆使し、より戦術性を求められる仕組みとなっており、特に集団戦ではこの使い分けが重要になってきます。

例えばソーサレスは遠距離の高火力魔法が中心ですが、接近戦では補助武器の「魔法短剣」に切り替えて柔軟に対応ができます。
また、ウォーロードはアタッカーであると同時に、敵のヘイトを引き受けて補助武器の盾でタンカーの役目も果たすでしょう。

また、マクロシステムとして「ルーンスクロールシステム」が登場し、戦闘パターンが自在にカスタマイズ可能です。

そして「遺物」の存在ですが、これは能力値の拡張とスキルの連携、組み合わせができるシステムだそうです。
これによりまた戦術の幅が広がりそうですね!

バトルコンテンツ

  • アリーナ
    アリーナでは1vs1、2vs2、3vs3の対人戦を行うことができ、勝利チームはアイテムが獲得可能です。
    アリーナを利用してPSを磨いていきましょう!
  • レイドコンテンツ
  • 要塞コンテンツ

以上のようなPvEも含めると様々なバトルコンテンツが実装されています。

A:IRのPvP(地上戦)を紹介についてのまとめ

ここまで、A:IRのPvP(地上戦)を紹介についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

高い戦術性と細かなカスタマイズが可能なバトルシステムは、対人好き嫌いに関わらず熱くさせてくれることでしょう!

AIRでは上空戦が前面に出されていますが、地上戦も大いに期待できます。

ぜひPS(プレイヤースキル)も磨いていき、PvPを楽しみたいですね!

私も対人大好きですので、機会があればぜひお相手お願い致します(。-`ω-)b